新日本フィルおでかけコンサート

劇場を飛び出し、本物のクラシック音楽を様々な場所にお届けする企画。地域拠点契約を結ぶ新日本フィルから弦楽四重奏そして木管五重奏をお届け。コンサートはもとより、楽器体験では初めて触れる楽器に子ども達は目を輝かせ、音のなる仕組みも学ぶ。


弦楽四重奏で1stヴァイオリンを務めたビルマンさんはとてもフレンドリーな方。小学校おでかけコンサートでは、昼休みには子ども達とサッカー。子ども達にとって、一緒に遊んでくれたお兄さんが演奏家だったという切り口からの交流が。また練習風景を子ども達が興味津々で覗き込み、演奏終わりには外から拍手が沸き起こる光景も。楽団員の来校をきっかけに、子ども達が演奏家と音楽に気持ちが昂る機会となった。

日程 <弦楽四重奏>6/13~6/16
   <木管五重奏>6/21~6/22 (計10回)
会場 広見小学校(4回)、旭小学校(3回)、帷子小学校(2回)、
   可茂特別支援学校(1回)
参加者 335人
出演 <弦楽四重奏>
   ビルマン聡平(Vn)、外園萌香(Vn)、矢波礼子(Va)、植草ひろみ(Vc)
   <木管五重奏>
   斎藤光晴(Fl)、庄司和史(Ob)、重松希巳江(Cl)、坪井隆明(Fg)、
   熊井優(Hr)
協力:可児市教育委員会

関連記事

  1. ala Collection シリーズ vol.10 「坂の上の家」サ…

  2. 世界劇場会議 国際フォーラム2018 in 可児

  3. 歌舞伎とおしゃべりの会

  4. 文学座 親子で楽しむワークショップ

  5. 平田オリザの 「対話を考える」モデル授業

  6. 新日本フィル ホームカミング「家へおいでよ!」

  7. 新日本フィルハーモニー交響楽団メンバーによるオープン・シアター・コンサ…

  8. アーラ・イルミネーション