アーラ未来の演奏家プロジェクト2017

ここ、可児で生まれる音楽には人の温もりがある。

活躍中の演奏家2人が可児市初共演。5日間の滞在期間中、地域の皆さんと様々な音楽交流プログラムを重ね、最終日に集大成のコンサートを開催。


【1日目】
演奏家のお二人は可児に到着するやいなや多少の打合せとリハーサルのみでロビーコンサートに突入。美しい音色に誘われて子ども達とママ達が集まります。夕方のウェルカム・ミニコンサートではダンス・アーティスト新井英夫さんとの即興コラボレーションも実現。


【2日目】
帷子小学校5年生に音楽の授業をお届け。プロの演奏家をこんなに間近で見て聴いて、一緒に合唱。その後alaでサプライズ・ロビーコンサートと最終日に向けてのリハーサル、夜は地元学生の皆さんへピアノそしてヴァイオリンの個人レッスン。


【3日目】
午前中は今渡南小学校5年生の音楽の授業にお出かけ。給食も賑やかに一緒に頂きサイン攻めで子ども達からたくさんパワーをもらいます。昼間に出合った子ども達の笑顔を思い起こしながらリハーサルは夜遅くまで続きます。


【4日目】
午前中からリハーサルを重ね、お昼は屋外でサプライズ・コンサート。館内はもとより外の水と緑の広場でも突然音色が響き渡ります。午後からは小学校の子ども達が遊びに来てくれて、リハーサルを見学したり楽器に触れてみたり。「明日の本番も来ます!」

【5日目】
可児滞在最終日。この5日間リハーサル見学に来てくれた方、お出かけした小学校そして一緒に水遊びした子ども達、個人レッスンをした学生さん、偶然サプライズ・コンサートを聴いた皆さん、沢山の出会いに思いを巡らせつつコンサートの音色にも温かさ溢れます。

日程 6/7(水)~6/11(計20回)
会場 ala館内、帷子小学校、今渡南小学校
参加者 延べ755人
集客数 最終日コンサート105人
出演 三浦明子(Vn)、居福健太郎(Pf)
コーディネーター 佐野秀典(作曲・編曲家)
協力 可児市教育委員会

関連記事

  1. 新日本フィルハーモニー交響楽団メンバーによるオープン・シアター・コンサ…

  2. アーラ映画祭2017

  3. 児童・生徒のためのコミュニケーションワークショップ

  4. 東日本大震災復興支援 祈りのコンサート2018

  5. ROCK FILL JAM in ala 2017

  6. 文学座 親子で楽しむワークショップ

  7. エイブル・アート展

  8. ココロとカラダの健康ひろば