ROCK FILL JAM in ala 2016

音楽を軸に可茂地域を楽しく!おもしろく! 多様な楽しみ方ができる劇場型音楽フェス

12月18日「ROCK FILL JAM in ala 2016」を開催。今年は規模を拡大し特色の異なる3会場を展開。てづくりマルシェ、ギター試奏ブース、フェスカフェなど、音楽を軸に若い世代が1日楽しめるフェスとなり、千名以上の方が来場されました。

特色ある3会場。総勢25組が出演!

小劇場ならではの大迫力のステージが楽しめるレインボーステージ、”GARDEN=庭”をテーマに、岐阜県立国際園芸アカデミーの学生さんの協力の下、緑あふれる装飾のガーデンステージ、真っ白な部屋の内装を生かし、壁に貼り出したアート作品や白い雲をイメージした装飾が穏やかな雰囲気を作り出すキャンバスステージ。出演者は、可茂地域以外に、東京・名古屋からのゲストアーティスト等も出演。そのほかにもアーラで開催している「森山威男ドラム道場」出身の女性ジャズユニットpdや、東濃実業高校吹奏楽部、女性だけのダンスチームSORAなど幅広いアーティストが出演しました。

世界に誇る2大ギターメーカーの試奏体験

木曽川沿いには長く楽器製作を行ってきた歴史があり、可児には世界中のプロミュージシャン達に愛されるギターを作るメーカーが2つもあります。おなじみのアコースティックギターを製作するヤイリギターに加え、今年は美しく繊細な彫金や、パール加工が特徴のエレキギターを製作するゼマイティス(神田商会)も出展。来場者はもちろん、出演者も興味津々で両ブランドの職人さん達からお話を聞きながら試奏していました。

てづくりマルシェ16店舗が出店。 フェスカフェでほっと一息

雑貨・アクセサリー販売、絵描きや染物体験、アート作品の販売等、てづくりだからこその買い物が楽しめる「てづくりマルシェ」、「フェスカフェ」には、美味しいドーナツが並び、珈琲のなんともいい香りに誘われ、ほっと一息つける場所となりました。

「ROCK FILL JAM in ala」は地域の若者たちによる制作委員会とともに、音楽を軸に可茂地域をもっと楽しく!おもしろく!という想いで運営しています。次回は8月開催、制作委員のメンバーも募集しています。

日程 12/18
会場 ala小劇場、ホワイエ、演劇ロフト、美術ロフト
参加者 出演25組、マルシェ出店18組
集客数 1,000人(うち小劇場248人)
主催 ROCK FILL JAM制作委員会
共催 (公財)可児市文化芸術振興財団

関連記事

  1. 新日本フィルおでかけコンサート

  2. 東日本大震災復興支援祈りのコンサート2017

  3. 森山威男ドラム道場

  4. エイブル・アート勉強会

  5. 文学座おでかけ朗読会

  6. 児童・生徒のためのコミュニケーションワークショップ

  7. スマイリングワークショップ

  8. 大型市民参加公演 『MY TOWN 可児』