文学座おでかけ朗読会

思春期で多感な時期の中学生に、
家族について考えるきっかけを

文学座俳優による朗読会は、「母への手紙」という内容で当初は高齢者施設や公民諮などで実施。 そこに居合わせた中学校の先生の、「こういった内容は中学生たちに聞かせたいな。」の言葉をきっかけに、2014年度から市内中学校でのおでかけ朗読会を開始。

「母への手紙」に、引き込まれ聴き入る中学生。「聞いていていろんな感情になった。」「お母さんに”ありがとう” って言いたい。」-こども達の心に響いたことを実感。

日程・会場 参加者
6/28 広陵中3年・67人
6/28 西可児中1年・147人
6/29 中部中1年(2回)・263人
6/30 蘇甫中1年・325人
6/30 東可児中1年.99人
(計6回/計901人)
出演 南一恵(文学座)

関連記事

  1. アーラ未来の演奏家プロジェクト2016

  2. アーラ・イルミネーション

  3. ala Collectionシリーズvol.9「お国と五平」「息子」サ…

  4. 英国演劇ワークショップ

  5. 親子de仲間づくりワークショップ

  6. 劇場フロントスタッフ研修

  7. 児童・生徒のためのコミュニケーションワークショップ

  8. アーラ・キネマ倶楽部 特別編