映画

平成30年度優秀映画鑑賞推進事業 
アーラ・キネマ倶楽部

チケットを購入する

公演日時:2019年2月17日(日曜日)~2019年2月18日(月曜日)

男女の関係や生きることのはかなさを、丁寧で緻密な描写で表現し確固たる作風を築いた成瀬巳喜男 監督の戦後代表作


■『めし』1951年 東宝 白黒 97分 
  監督:成瀬巳喜男 出演:上原 謙、原 節子、島崎雪子 ほか
  結婚生活も5年が過ぎ、倦怠期を迎え始めた夫婦。そこに突然、夫の姪が転がり込んだ事から、
  単調だった二人の暮らしに波乱が生じ始める。

■『おかあさん』1952年 新東宝 白黒 98分 
  監督:成瀬巳喜男 出演:田中絹代、香川京子、岡田英次 ほか
  夫は過労で病床に伏し、息子を病で亡くしながらも戦災で失ったクリーニング店を建て直し、
  懸命に働く母の生活ぶりを描いた作品。


■『流れる』1956年  東宝 白黒 116分 
  監督:成瀬巳喜男 出演:田中絹代、山田五十鈴、高峰秀子 ほか
  隅田川畔の花柳界を舞台に、置屋の女中として雇われた女の眼を通して、零落する花街の姿を描いた
  幸田文の同名小説を映画化。


■『乱れ雲』1967年 東宝 カラー 108分 
  監督:成瀬巳喜男 出演:加山雄三、司 葉子、森 光子 ほか
  車で人をひき殺した青年、その事故のせいで夫を失った女。この二人の微妙に揺れ動く心理を、
  淡々と的確に描き出していく。

平成30年度優秀映画鑑賞推進事業 <br>アーラ・キネマ倶楽部
公演日時2019年2月17日(日曜日)~2019年2月18日(月曜日)
開演時間『めし』17日(日)10時
『おかあさん』17日(日)13時30分
『流れる』18日(月)10時
『乱れ雲』18日(月)13時30分
会場映像シアター
料金全席指定500円(前売・当日共)
チケット販売2018年12月1日 9時00分~
お問い合わせ【チケット取扱】
・可児市文化創造センター・インフォメーション
・電話予約TEL 0574-60-3050(9時から19時まで) ※電話予約は一般発売日の翌日から
・アーラホームページからインターネット予約
※未就学児のご入場はご遠慮ください。

主催:(公財)可児市文化芸術振興財団/文化庁/国立映画アーカイブ
特別協賛:木下グループ
協力:株式会社オーエムシー

※内容は予告なく変更する場合がございます。

このページの上部へ