人生百年をどう生きる?
笑いたっぷりの大人のホームドラマ

66才の一美が人生百年を前向きに生きるため、新たな一歩を踏み出す、ひと夏の物語。夏から秋への移ろいの中で、人々の心の移ろいと決意を、可笑しく、愛おしく、繊細に描く大人のホームドラマ。

作・演出:鈴木聡

出演:市毛良枝、陰山泰、福本伸一、朝倉伸二、岩橋道子、弘中麻紀、瓜生和成、平体まひろ

  • 2022年09月26 日(月)- 10月2日 (日)

  • 09月26日(月)14:00開演☆ 
    09月28日(水)18:30開演☆ 
    09月29日(木)14:00開演★ 
    09月30日(金)18:30開演★
    10月01日(土)14:00開演★
    10月02日(日)14:00開演 
    ☆出演者のアフタートーク有
    ★終演後、劇場の魅力発見ツアー有(電話・窓口にて要予約)

    ※開場は開演の30分前
  • 会場:小劇場
  • 料金:全席指定4,000円 25才以下2,000円
    ※未就学児入場不可

特設サイトはこちら

チケット販売:一般発売:7月23日(土)9時

「ウェルカムホーム」パッケージチケット発売:4月16日(土)9時
「演劇まるかじり」パッケージチケット発売:4月23日(土)9時
「アラカルト」パッケージチケット発売:4月29日(金・祝)9時

※電話予約は発売日の翌日から

※ チケットサービスに関してはこちら
※ ご来場にあたっては、アーラの感染症防止対策をご確認ください。

チケット取扱
・可児市文化創造センター・インフォメーション
TEL:0574-60-3050(9時から19時まで 火曜日休館)

主催:(公財)可児市文化芸術振興財団

関連企画

ala Collectionシリーズ vol.13「百日紅、午後四時」関連企画
  声に出して「本読み喫茶」オンライン

<「本読み喫茶」とは?>
その日その場に集まった人たちと、お茶をしながら一期一会の台本読み合わせ。 プロの俳優さんも交えて、ちょっと気軽に演劇体験ができる企画です。 もちろん演劇初心者大歓迎。みんなで一緒に、声に出してセリフのやり取りをしてみましょう。

<今回の台本>
『七人の墓友』(作:鈴木聡) 『百日紅、午後四時』と同じく、「長い長い老後」をテーマに織り込んだ鈴木聡の戯曲。2014年、俳優座に書き下ろされた。

<ゲスト俳優> 今回のゲスト参加は「陰山泰」さんです (写真)
兵庫県出身。早稲田大学在籍時から演劇の道へ。劇団「遊◎機械/全自動シアター」を経て、舞台を中心にテレビ、映画など映像のフィールドにも活動の場を広げている。また、本人のユニット「K's pro」では構成と演出を手がけダンスと演劇が交錯する舞台を展開中。 ala Collectionシリーズ vol.10『坂の上の家』(2017年)のほか、近年の主な出演作にドラマ「相棒season20」「グーグーだって猫である」、舞台ミュージカル「HEADS UP!」「嵐が丘」、NHKラジオドラマ「青春アドベンチャー」などがある。

開催日時:2022年8月6日(土)14時開始
会場:Zoomによるオンライン開催
参加費:無料(要予約)
定員:10名(先着)

チラシは<こちら>

<参加申込方法>
 ★WEBフォーム:右のバーコードを読み取り、応募フォームからお申し込みください。 https://forms.gle/FkmMGh1UtSwhBLNp8

  <公式LINE>
「ala Collection公式LINEアカウント」できました! 公演や関連企画の情報のほか、稽古場の様子なども発信していきますので、ぜひご登録を!
https://lin.ee/azwiHK0