エッセンシャルワーカーとしての文化芸術「社会的処方箋活動」の実践  -戦略的アーツマーケティング(CSV)で文化芸術の社会包摂機能を解き放つ。

可児市文化創造センターala 館長兼劇場総監督 衛 紀生 【文化芸術は不要不急か?】 今回の館長エッセイの標題は、文化庁の「文化芸術収益力強化事業(公 … 続きを読む エッセンシャルワーカーとしての文化芸術「社会的処方箋活動」の実践  -戦略的アーツマーケティング(CSV)で文化芸術の社会包摂機能を解き放つ。