トピックス TOPICS

あーとま塾2018「社会包摂」オブザーブ参加募集

募集情報2018.08.16

あーとま塾2018「社会包摂」オブザーブ参加募集

2018 年 3 月に閣議決定された「文化芸術推進基本計画」の中では、「文化芸術は、人々が文化芸術の場に参加する機会を通じて、多様な価値観を尊重し、他者との相互理解が進むという社会包摂の機能を有している」と謳われており、今後、文化芸術の社会的価値を活用させることが求められています。 国の文化政策が大きく変化している中、あーとま塾 2018 では「社会包摂」をテーマに、日本の社会課題(子どもの貧困 等)について第一線で活躍している湯浅誠氏をゲストにお招きし、社会機関としての劇場について劇場関係者で話し合う場を設けました。そこで、通常の参加者 41 名以外の、このテーマに関心のある方も参加できるようにオブザーブ参加者を募集します。

オブザーブ参加募集要項はこちら
オブザーブ参加スケジュールはこちら
オブザーブ参加申込書はこちら

あーとま塾とは、これからの劇場を再定義するため、各回ゲストをお呼びし、アーラ館長の衛紀生がファシリテーターとなり多くの方と意見交換するアーツマーケティング・ゼミのことです。
あーとま塾についてはこちら

--------------------------------------------------------
あーとま塾2018「社会包摂」オブザーブ参加募集 概要

[日時] 平成 30 年 10 月 10 日(水)13時から21時頃 / 11 日(木)10時から15時30分
[会場]可児市文化創造センター・音楽ロフト
[対象者]劇場職員、劇場に関わる自治体職員・議員・市民 等
[定員] 5 名程度 ※先着順とさせていただきます。
[締切]9 月 28 日(金) 必着
[参加費] 無料(交通、宿泊、食事の手配・費用は各自負担)

 

このページの上部へ