ala Collectionシリーズ

可児市から全国へ。第一線で活躍する俳優・スタッフが可児市で滞在制作

アーラの充実した施設群を活用し、キャスト・スタッフが1ヶ月半可児に滞在し演劇製作するこの企画。新作主義の日本演劇界における消費され続ける戯曲に対し、あえて過去の優れた戯曲に焦点を当て、リメイクして作品を再評価するプロジェクトです。

また、アーチスト・イン・レジデンスを基軸として、第一線で活躍する俳優・スタッフが可児市に滞在しながら作品を制作し、可児市から全国に発信する質の高い作品づくりを目指しています。さらに、市民サポーターがケータリングや小道具づくりなど、舞台の製作をサポートするほか、時には手づくりの食事を準備して、キャスト・スタッフの可児滞在をサポートしています。

これまでの取り組み

このページの上部へ