• HOME>
  • alaの活動

もっと市民へ!もっと地域へ!

市民が元気なまちをつくる

まち元気プロジェクトは、アーラの主軸となるプロジェクトです。

元気なまちづくりとは何か。それは“市民が元気なまち”をつくることだとアーラは考えます。人々が出会い、思い出を共有し、お互いを理解する。そこから新しい絆と活力が生まれてきます。

高齢者、子ども、外国人、障がい者といった様々な人々が住むこの可児市で、アーラは文化芸術の持つ力で市民に元気と明日への希望を届けています。

alaまち元気プロジェクト

絆を生み、まちを誇りに思える舞台づくり

人それぞれの、可能性を引き出す。

可児市文化創造センターalaでは、平成20年度より毎年大型市民参加プロジェクトを実施しております。これは3年毎に、ミュージカル、翌年はコンテンポラリーダンス、翌々年は演劇という流れをとっております。

本プロジェクトには、毎回100名程の市民が参加しております。制作過程において多くの市民が関わり創りあげていくことで、参加者同士の絆を育み、地域への愛着を深めていただくことを目的としております。

また、プロのスタッフ・キャストの方々と共同・共演することにより、市民の創作意識を高め、地域の活性化を図っていきます。

アーラで滞在制作 可児から全国へ

可児市から全国へ。第一線で活躍する俳優・スタッフが可児市で滞在制作。

アーラの充実した施設群を活用し、キャスト・スタッフが1ヶ月半可児に滞在し演劇製作するこの企画。

新作主義の日本演劇界における消費され続ける戯曲に対し、あえて過去の優れた戯曲に焦点を当て、リメイクして作品を再評価するプロジェクトです。

また、アーチスト・イン・レジデンスを基軸として、第一線で活躍する俳優・スタッフが可児市に滞在しながら作品を制作し、可児市から全国に発信する質の高い作品づくりを目指しています。

このページの上部へ