映画

アーラ映画祭2011

公演日時:2011年11月18日(金曜日)~2011年11月27日(日曜日)

大スクリーンで味わいたい、選び抜かれた日本映画の傑作

毎年好評をいただき、パワーアップを続けるアーラ映画祭。話題作はもちろんのこと、いい映画だけど観るチャンスの少なかった日本映画を上映しています。毎年監督によるトークショーなど企画も展開しています。今年は11月に日本映画の魅力にどっぷりと浸ってください。

【上映作品】
ダンシング・チャップリン
マイ・バック・ページ
(26日脚本家トークショー)
まほろ駅前多田便利軒
(23日監督トークショー)
一枚のハガキ
幸せの太鼓を響かせて
(23日監督トークショー)
最後の忠臣蔵
八日目の蝉
津軽百年食堂
阪急電車 片道15分の奇跡
森聞き
(20日監督トークショー)

奇跡(協賛事業のため発売方法・料金が異なります。チラシでご確認ください。)

New 日輪の遺産 上映決定!(11/18 13:30、11/19 19:00)
New 大鹿村騒動記 上映決定!(11/24 13:30、19:00 一律1,000円)

アーラ映画祭2011 アーラ映画祭2011
公演日時2011年11月18日(金曜日)~2011年11月27日(日曜日)
開演時間10:00
13:30
19:00
※開場は30分前、日によって上映のない回もあります。上映スケジュールでご確認ください。
会場小劇場
料金全席指定 800円(当日1,000円)
18才以下 400円(当日500円)
5作品以上 700円/枚(前売・当日)
※大鹿村騒動記は一律1,000円
チケット販売チケットの販売は終了いたしました。
ありがとうございました。
お問い合わせ【チケット取扱】
■可児市文化創造センター・インフォメーション
■電話予約TEL 0574-60-3050(9:00-19:00) ※電話予約は一般発売日の翌日から
■アーラホームページからインターネット予約
※4才未満のお子様のご入場はご遠慮ください。

【主催】アーラ映画祭2011実行委員会 (公財)可児市文化芸術振興財団
【協力】シネマ雄

※内容は予告なく変更する場合がございます。

舞台裏・稽古場レポート

プレ上映会、終了しました。たくさんのご来場ありがとうございます。

2011/07/11(月)



6月24日から27日に行なわれました「アーラ映画祭2011プレ上映会」では、「442日系部隊 史上最強の陸軍」「悪人」「武士の家計簿」「死にゆく妻との旅路」の4作品を上映いたしまいた。例年以上にご来場の方が多く、4回の上映が完売となりました。プレ上映会が終了し、一息つく間もなく、実行委員では秋の映画祭に向けて作品選定をしております。是非、秋の「アーラ映画祭2011」もお見逃しなく!

アーラ映画祭実行委員会とは

可児市には映画館がないことから、市民が気軽に映画を楽しめる環境とは言い難く、「映画をスクリーンで観たい」という市民からの声を多いです。そこで平成18年に可児市文化創造センターが、市民に呼び掛けて集まったメンバーで結成したのが、アーラ映画祭実行委員会です。当初10名ほどで始まったこの実行委員会も、少しずつメンバーが増えていき、現在では老若男女さまざまな20名で活動しています。社会人もいれば主婦もいて、それぞれが得意分野を生かしながら企画・運営しています。

このページの上部へ